ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

東工大 文部科学省の令和元年度卓越大学院プログラムに採択

令和元年度卓越大学院プログラムに採択

2019年10月21日、国立大学法人東京工業大学は、文部科学省の令和元年度卓越大学院プログラムに「最先端量子科学に基づく超スマート社会エンジニアリング教育プログラム 」が採択されたことを発表した。
卓越大学院プログラムは、日本国内の国公大学および私立大学のうち、博士課程を有する大学を対象として、”高度な「知のプロフェッショナル」を育成”を目的として平成30年度にスタートした事業である。
同大学からは、平成30年度にも「『物質×情報=複素人材』育成を通じた持続可能社会の創造」が採択されている。

超スマート社会(SSS)を牽引する人材育成

「最先端量子科学に基づく超スマート社会エンジニアリング教育プログラム 」が目指すのは、社会連携教育(オープンエデュケーション)と異分野融合研究(オープンイノベーション)の融合教育だ。
目的達成のため、超スマート社会推進コンソーシアムを活用し、企業・自治体・国研・海外機関と連携を深めていく方針である。同プログラムの責任者は岩附信行教授(工学院長)、プログラムコーディネーターは阪口啓教授(工学院電気電子系)だ。
同プログラムは、超スマート社会(SSS:Super Smart Society)を牽引する人材育成に関するものとなっている。同大学では、サイバー空間技術・フィジカル空間技術・最先端量子科学の融合能力を身に付けるため、全学横断型の学位プログラムの新設を予定している。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

国立大学法人東京工業大学
https://www.titech.ac.jp/news/2019/045415.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ