ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

生分解性樹脂とセルロースナノファイバーの複合材料を用いて生分解性ボトルを試作

海洋プラスチック、マイクロプラスチック汚染などの環境汚染が深刻化

2019年9月26日、GSアライアンス株式会社は、株式会社フロンティアとの共同開発により、ペットボトルの代替製品として、セルロースナノファイバーを複合化させたPLA(ポリ乳酸:Poly Lactic Acid)材料(以下、同材料)を用いて、生分解性ボトルの試作品(以下、同試作品)を作ったと発表した。
ペットボトルやレジ袋などによって引き起こされる、海洋プラスチックやマイクロプラスチック汚染などの環境汚染が深刻化しており、一刻も早い対策が必要だ。
このようななか、ペットボトルのリサイクルの推進、プラスチック使用量の削減や、環境中で分解する生分解性プラスチックあるいは紙製品などの実用化の推進が進められている。

生分解性ボトル試作品の概要

同材料は、原料として石油を一切用いることなく、100%天然植物由来の環境に優しい材料だ。また、現時点では、従来のペットボトルの強度、ガスバリヤ性、耐久性などには劣るものの、PLA樹脂のみに較べて、強度や成形性が向上していると期待される。
今後は、複合化技術や他の生分解性樹脂材料、添加剤などの技術と組み合わせ、高強度化や耐久性などの向上を図るとともに、様々なブロー成形品の制作も検討するとしている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

GSアライアンス プレスリリース(@Press)
https://www.atpress.ne.jp/news/194365

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ