ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

NEDOと横浜大学が、ロボット用小型アクチュエーターを開発

パワードスーツへの応用が可能

2019年10月8日、国立研究開発法人新エネルギー産業技術総合開発機構と国立大学法人横浜国立大学は、共同でロボット用の小型で高効率、高出力アクチュエーター(エネルギーを回転や直線運動に変換する装置)を開発したと発表した。
最大の特長としては、超高減速比でも逆駆動が可能なギアとモーターを組み込んでモジュール化したため、歯車を噛みあわせた時のバックラッシュ(回転が止まった時の跳ね返り)が無いことである。
介護や重量物を扱う現場で利用される、パワードスーツの関節部分はもとより、各種ロボットや電気自動車などへの展開が期待できる。
なお、「CEATEC 2019」に出展予定となっている。

人との接触での安全性を確保できる

現在使われているギアを含んだ減速機は、以前から研究が重ねられており改善の余地はないと考えられていた。
しかし、今の減速機では、仮に介護用のロボットやパワードスーツに使用され、意図せず人と腕などが接触した場合、ロボットの関節部分が外力に対して柔軟性が無いため、人に対して怪我をさせる可能性が高い。
つまり、腕を動かしている状態で人に当たった場合は止まらないため、想像以上のダメージを負う可能性が高いと言う事である。
今回の開発では、人などに当たった場合の柔軟性が高くなり、衝撃を吸収することが可能となる。

発電機としても利用可能

このアクチュエーターは他にも、逆駆動時には発電することが可能という特長があり、消費電力が約5分の1となっている。
今後ロボットに導入されることで、長時間の駆動が可能となり、介護や荷役での有効活用が期待される。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

NEDO HP
https://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_101212.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ