J-GoodTech新規登録はこちら

ブリヂストンが、タイヤの摩耗状態推測技術を開発

ブリヂストンが、タイヤの摩耗状態推測技術を開発

ひずみを計測することで推測可能に

2019年12月18日、株式会社ブリヂストンは、走行中のタイヤと路面の接触によって発生するひずみを計測し、タイヤの荷重と摩耗状態を推測する技術を開発した。
タイヤ内面に貼り付けた Smart Strain Sensor(スマートストレインセンサー)によって、ひずみを感知するものであるが、IoT技術を利用しデータを収集する。
これにより、自分の目で見ることなくタイヤの摩耗状況が把握できるようになる。

従来の測定方法に替わる新技術

ブリヂストンでは、従来の加速度を測定するセンシング技術「CAIS」があったが、速度に依存するため低速域での測定は難しかった。
新しい技術はこの点を改善し、低速域でのデータ収集を可能にするとともに、センサーの電力消費の大幅に改善することに成功した。
タイヤの空気圧減少や、過度な摩耗が把握できることになり安全な運転につながる。

急激なタイヤ状態の変化は分からない

自動車における故障の大部分をタイヤのパンクが占める、というデータがある。
これは走行中に踏んだ釘などの異物により、徐々に空気が抜け最後はパンクと言う形で現れることになる。
しかし、走行中の空気圧低下による荷重の変化は運転者は気づきにくく、高速道路を走行中の場合は、最悪はバーストとなり事故を起こす確率が急激に高まる。
これら最悪の状態を回避するためにも有効であると考えられる。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ブリヂストン
https://www.bridgestone.co.jp/

すべてカテゴリの最新記事