ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

東芝が繰り返し使用可能なヒューズを発売

電子ヒューズという新しい形

2019年11月20日、東芝デバイス&ストレージ株式会社は、繰り返し使える電子ヒューズ(eFuse IC)「TCKE8xxシリーズ」を発売した。なお、同シリーズ6品種のうち2品種の出荷を本日から開始する。
一般的に電気回路や電子回路で用いられている電流ヒューズは、ガラス管や基板実装型のチップヒューズとして目にすることができるが、一度過電流を検出し溶断してしまうと再利用できず交換するしかない。
これに対して本製品は、物理的な溶断を伴わないため何度でも繰り返し使うことが可能となる。
なお、製品のもうひとつの特徴として、単体での自動復帰タイプと、外部からの信号で復帰を行うタイプの2種類の選択が可能である。

クランプ機能を搭載したIC

従来の物理ヒューズと違う点は、過電流に対して制限を掛けることが可能なこと。つまり異常電流や電圧が印加された場合でも、設定した電流や電圧以上にならないクランプ機能が備わっていることである。
なお、短絡や異常加熱が発生した場合には、速やかにICをオフ状態にすることができ、回路を保護することが可能である。
従来は保護機能をディスクリート部品で構成していたが、このICを使う事で回路の簡略化が図れる。

安全に対する要求は年々厳しくなる

電子機器は年々高機能化し便利になっているが、同時に安全性についての要求も厳しくなっている。
この製品シリーズは、国際安全規格IEC 62368-1の認証も取得予定であり、機器の認証試験を簡易化することが可能。
安全に関して、事故を起こさないための機能が必須になりつつある。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

東芝デバイス&ストレージ株式会社
https://toshiba.semicon-storage.com/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ