ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

「調理をロボットで革新する」

8.5億円の資金調達を実施

コネクテッドロボティクスが2019年7月3日、シリーズAラウンドで8.5億円の資金調達を完了したと発表した。

同社は「調理をロボットで革新する」をテーマに掲げ、飲食店の調理に特化したロボットサービスの提供を行う企業で、既にシードラウンドで約1億円の資金調達を完了しており、今回と合わせて約9.5億円の資金調達を行っている。

資金調達目的及びサービス概要

マーケティング強化による販路拡大、新ロボットおよび新ロボットサービスの開発を行うための、優秀な人材の獲得・技術力強化による事業推進の加速を目的とした資金調達であると発表。

国内の外食産業では人手不足が深刻化、調理の省力化や自動化が大きな課題となっており、「ロボット制御のノウハウ」と「ディープラーニングを活用したセンシングと学習技術」の組み合わせでロボットを知能化、労働者をサポートし、「働く人と食事をする人の両方に喜びを提供するロボットサービス」を開発中。

現在、自動たこ焼き調理ロボットサービス「Octo Chef」や自動ソフトクリームロボットサービス「レイタ」を既に販売しており、自動食洗機ロボットサービス「Dish Washing System」やコンビニ向け「Hot Snack Robot」、自動朝食調理ロボットサービス「Loraine」の製品化に向けて研究開発をしている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

プレリリースサイト:PRtimes
https://prtimes.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ