J-GoodTech新規登録はこちら

車載用リチウムイオン電池リサイクルのためのベンチスケール設備が稼働開始

車載用リチウムイオン電池リサイクルのためのベンチスケール設備が稼働開始

クローズドループ・リサイクルの実現に向けて

2020年2月7日、JX金属株式会社(以下、JX金属)は、車載用リチウムイオン電池をリサイクルするためのベンチスケール設備(連続型小型試験装置:以下、同設備)を、日立事業所(茨城県日立市)内に設置し、稼働を開始したと発表した。
地球温暖化が懸念され、世界的な環境意識が高まるなか、環境負荷が小さい電気自動車や電動バイクなどが急速に普及しつつあり、これらに使用されるリチウムイオン電池の需要も増大すると見込まれている。
これに伴い、リチウムイオン電池の正極材原料となるコバルト、ニッケル、リチウムなどレアメタルの需要も増大すると見込まれる一方で、資源の有効活用と安定確保の両面から、使用済み電池からのレアメタル回収が、重要な課題となっている。
このようななか、JX金属は、既に、民生用リチウムイオン電池のリサイクル実証試験を敦賀工場(福井県敦賀市)において行っており、廃正極材ではなく廃電池そのものからでもレアメタルを回収できる技術を有している。
そこで、今回は、同技術を基にして同設備を建設し、稼働を開始した。

ベンチスケール設備の概要

同設備では、自動車メーカーや電池メーカーより提供された原料からリサイクル品サンプルを生産し、適切なコストでの処理が可能な量産プロセスを確立する。
なお、同設備は、液・塩・メタルなど、さまざまな形状の作り込みができる自由度の高い設計になっており、コバルト・ニッケル・リチウムを金属ごとに分離し、電池グレードの品質で回収できる。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

JX金属株式会社 ニュースリリース
https://www.nmm.jx-group.co.jp/news/2019/post_80.html

すべてカテゴリの最新記事