ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

筑波大学などが、ウイルスを感知するタンパク質を発見

インフルエンザウイルスを感知

2019年10月26日国立大学法人筑波大学、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)が共同で、気道上皮細胞にインフルエンザウイルスを感知するタンパク質があることを発見した。

今まで、ウイルス感染を認識する分子メカニズムは不明であったが、センサーとして機能するタンパク質を特定することに成功した。

MxAタンパク質と呼ばれるものであり、インフルエンザウイルスに反応する性質を持つ。

生体防御反応のトリガとなる<

このMxAタンパク質は気道上皮細胞に存在し、インフルエンザウイルスに感染したことを感知するセンサーとしての役割を持つ。

感知した後は、ウイルスの増殖を抑えるためのサイトカインの産生を促すトリガになると共に、自己免疫機能に働きかけることも行う。

なお、このMxAタンパク質は、インフルエンザウイルス以外の病原体にも反応することが分かっており、認識できる機能メカニズムが解明されると期待されている。

感染反応により炎症が起こる

インフルエンザに感染すると、のどの痛みや腫れ、発熱、関節の痛みを生じることがある。

これらは、気道に侵入したインフルエンザウイルスを感知し、防御機能が働いている証拠であり正常といえる。

今後は、炎症反応についての研究を進め、ウイルス感染から完治までのメカニズムが解明されると期待される。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

AMED HP
https://www.amed.go.jp/news/release_20191026.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ