ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

エキナカ店舗フードロス削減「レスキューデリ」実証実験開始

「レスキューデリ」実証実験

JR東日本スタートアップ株式会社(以下、東日本スタートアップ)は2020年1月7日、株式会社鉄道会館および株式会社コークッキング(以下、コークッキング)とタイアップし、2020年1月14日(火)から2020年2月14日(金)の間、共同で「レスキューデリ」実証実験を行うことを発表した。
コークッキングは、フードシェアリングサービス「TABETE(タベテ)」の運営により、フードロス削減に取り組む会社だ。同サービスの規模は、国内最大級だという。
同実証実験は、東日本スタートアップが取り組むフードロス削減のための「JR東日本スタートアッププログラム2019」の一部として実施される。同プログラムは、2018年度 第1回日本オープンイノベーション大賞(内閣府)にて、経済産業大臣賞を受賞している。

従業員休憩室で販売

同実証実験では、営業終了後のエキナカ店舗(東京駅改札内「グランスタ」など)から「TABETE」が商品を買い取り、商品を詰め合わせ、従業員休憩室で、東京駅の運営に携わる従業員に販売を行う。実施時間は、エキナカ店舗の営業終了後となる。出品される商品は、弁当やパン、おにぎりなどを想定している。
同実証実験を実施することにより、エキナカ店舗のフードロス削減と、食品エコシステム構築を目標としている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

JR東日本スタートアップ株式会社
http://jrestartup.co.jp/news/2020/01/1982/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ