J-GoodTech新規登録はこちら

東大とNTTドコモ、複数人ビデオモーションキャプチャ技術を開発

東大とNTTドコモ、複数人ビデオモーションキャプチャ技術を開発

特殊な装置やスーツを用いずに、試合会場などで手軽にモーションキャプチャ

2020年1月17日、国立大学法人東京大学(以下、東大)と株式会社NTTドコモ(以下、NTTドコモ)の研究チームは、特殊な装置やスーツを用いずに、広い空間における複数人のモーションキャプチャを行う技術(以下、同技術)を開発したと発表した。
従来のモーションキャプチャ技術では、特殊な装置やスーツが必要であるため、計測場所や利用シーンが限定されていた。
また、最近は、カメラ映像だけからモーションキャプチャを行う技術も提供されているが、背景が切り抜き易い場面に制約され、人同士が重なり合う場合の解析が困難であるなどの課題があった。
このようななか、東大・中村研究室(以下、同研究室)の開発したカメラ映像だけからモーションキャプチャを行う技術「VMocap(ブイモーキャプ)」を応用した同技術を開発した。
なお、VMocapでは、複数台のカメラ映像から、3次元空間における身体部位の位置を深層学習によって推測し、その位置に対して骨格構造と運動の連続性に基づくフィルタ処理を施すことで、高精度で滑らかなモーションキャプチャを行うことができる。
今後は、同技術を野球・体操を初めとするさまざまなスポーツに適用し、トレーニングや戦術解析などに役立てるとともに、3Dアニメーション作成、介護・リハビリ現場での運動評価などにも活用していくとしている。

複数人ビデオモーションキャプチャ技術の特長

同技術は、複数のカメラ映像から、解析に用いる最適な映像を自動的に選択して、広い空間での複数人のモーションキャプチャを行う。
この際、フットサルのように複数の選手が激しく動き回り人同士の身体が映像上で重なって見える状況下でも、VMocapを応用することで、高精度で滑らかなモーションデータや骨の動きを取得できる。
さらに、同研究室がもつロボティクスに基づいた動作解析技術(以下、同動作解析技術)を利用することで、骨の運動だけでなく身体に働く力や筋の活動まで計算し、可視化できることを確認したとのこと。
なお、同動作解析技術では、身体部位の加速度より算出される力や、地面やボールなど身体の接触部に加わる反力を元に、その力を発揮するために必要な筋の活動を算出できる。
(画像はNTTドコモ 報道発表資料より)

▼外部リンク

株式会社NTTドコモ 報道発表資料
https://www.nttdocomo.co.jp/

すべてカテゴリの最新記事