ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

高効率太陽電池搭載EVの、行動実証実験開始

2019.07.20

リリース情報

シャープ株式会社、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、トヨタ自動車株式会社は、高効率太陽電池によるEVへの共同展開実験を開始した。

シャープが高効率太陽電池、トヨタが実験用車体の提供を行い、NEDOが主催する「太陽光発電システム搭載自動車検討委員会」で評価結果について協議が行われることになる。

なお、本実験は2019年7月から開始され、愛知県豊田市や東京都などのコースで、想定される様々な走行条件を元にテスト走行される。

新技術と期待できること

現在の太陽光発電セルは、現行プリウスPHVに搭載されたもので変換効率が22.5%であるが、シャープが開発した太陽電池は変換率が34%以上。

さらに、厚さ0.03mmのフィルム状であるため、車体の曲面に乗せることが出来、ルーフやボンネット、バックドアなどの面積を有効に使うことが出来る。

ちなみに、本試験で使用される実証車は発電電力860Wとなり、現行プリウスPHVの180Wを大きく上回るのもとなっている。

実に4.8倍の発電能力を有することになり、航続距離拡大、燃費の飛躍的な向上が期待される。

今後の主流となる可能性

近年、EV(電気自動車)が、環境問題の観点からガソリンからの代替が進んでいるが、充電スタンドの数が少ないことや、充電時間が長いことがあり普及が思うように進んでいない。

バッテリーの低温特性(低温環境では容量が落ちる)なども不安視されており、電欠と呼ばれる深刻な事態を懸念する声も聞かれる。

今回のように、太陽光のみでエネルギーが賄える可能性が高まれば不安も解消され、普及に拍車がかかると期待できる。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

シャープHP
https://corporate.jp.sharp/corporate/news/190704-a.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ