ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

LTEエリアのMEC環境で物流自動化ロボットの遠隔制御実証実験に成功

遠隔からのリアルタイムかつ高精度なロボット制御

2019年5月29日、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)と日本電気株式会社(以下、NEC)は、LTEエリアのMEC環境において、物流自動化を実現する搬送ロボットAGV(以下、同ロボット)を遠隔制御する実証実験に成功したとした。

少子高齢化に伴い、生産年齢人口が減少が進むなか、業務を効率化して生産性の向上を図るために、モバイルネットワークを活用したクラウドロボティクス技術の開発が進められている。

このようななか、ロボットを遠隔からリアルタイムかつ高精度に制御ために、低遅延でセンサー情報や制御情報を送るネットワークと、遅延の変動に強い制御技術を構築しその特性を検証するために、同実証実験を実施した。

遠隔制御実証実験の概要

AGV(Automated Guided Vehicle)とは、商品や部品などの荷物を搬送するロボットで、同実証実験では、同ロボット2台で荷物を載せた台車を挟み込んで、既定の搬送経路に沿って荷物を運ぶように、遠隔制御した。

また、遠隔制御は、LTE基地局の近くに設置したMEC機能を有するドコモの「ドコモ5Gオープンクラウド」上にNECの適応遠隔制御技術を搭載した制御サーバーを設置し、既存のLTE網を介して行った。

なお、MEC(Multi-access Edge Computing)は、伝送遅延を低減し、安全なクラウド環境を実現するとのこと。

同実証実験の結果、パブリッククラウド利用し、適応遠隔制御技術を使わない場合に比べて、安定した搬送で、搬送成功率が41%から100%まで向上することを確認したとのこと。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

NEC プレスリリース
https://jpn.nec.com/press/201905/20190529_02.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ