ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

触媒関連のデータを自動で取得できる技術を開発

触媒反応結果を自動で取得可能に

2019年12月25日、北陸先端科学技術大学院大学、北海道大学、熊本大学は共同で、触媒反応結果を自動で取得することに成功したと発表した。

この技術は、AIを利用したハイスループット触媒評価装置(並列や自動化により実験を効率化する装置)を設計し、1日に4000点の触媒反応データを自動取得可能とした。

これにより、メタンの酸化カップリング反応の研究が飛躍的に進むことになる。

30年の研究データがわずか3日で取得可能に

この触媒データについて、これまで約30年をかけて蓄積してきたが、約12000点のデータをわずか3日で取得することが可能となった。

データ解析速度が飛躍的に上がったわけであるが、他の材料分野にも応用が可能であるとして期待されることになる。

なお、以前からAIを利用し、材料科学分野の研究開発を加速させるマテリアルインフォマティクス(MI)技術を、触媒分野に活用しようという動きはあったが、実現に至らなかった。

今回の開発により、社会的発展に貢献する材料が次々に生み出されていくと期待される。

メタン化合に触媒利用は不可欠

メタンはそのままの形では有用性が乏しいため、触媒により別の化合物質に変換させて利用している。

特に、メタンと酸素の反応を通してエタンやエチレンと合成する、カップリングと呼ばれる高難度反応が必要であるが、この反応を今までは、ひとつずつ行ってきた。

今回自動化のめどが立ったことにより、今後の触媒化学において有効利用されることとなる。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

北海道大学
https://www.hokudai.ac.jp/news/191225_pr.pdf

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ