ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

安藤ハザマなど、建築工事でBIMデータと連携した自律走行ロボットを共同開発

生産性と安全性を向上

2019年6月19日、株式会社 安藤・間(以下、安藤ハザマ)と株式会社イクシスは、建築工事における自動化装置の基盤となる「BIMデータと連携した自律走行ロボット」(以下、同ロボット)を共同開発したと発表した。

少子高齢化が進展し労働者人口が減少するに伴い、建設産業では、技能労働者の不足が懸念されており、建設現場での作業の効率化、苦渋作業や危険作業の削減が課題となっている。

このようななか、安藤ハザマは、生産性と安全性の向上を目指して、ICTを活用した自動化技術を開発している。

「BIMデータと連携した自律走行ロボット」の概要

同ロボットは、プリズム自動追尾型測量機を搭載しており、BIM(Building Information Modeling、建物3次元モデル)データと連携して、自己位置を推定するとともに地図を作成し、自律移動できる。

また、ゲームエンジンを用いてBIMデータをシステムの画面に描画するため、タブレットや汎用パソコンでも快適に動作する。

このため、建築現場において、資機材の運搬や検査・点検などで同ロボットを活用するとともに、同ロボットの技術をさまざまな作業の自動化装置に搭載して、作業の効率化や生産性の向上が図られるとしている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

安藤ハザマ リリース
http://www.ad-hzm.co.jp/info/2019/pre/20190619.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ