ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

JFEスチール、高強度と高延性を兼ね備えた缶用鋼板「JATT」を開発・量産化

高強度と高延性を兼ね備えた缶用鋼板

2019年4月15日、JFEスチール株式会社は、高強度と高延性を兼ね備えた缶用鋼板「JATT」(以下、同鋼板)を新たに開発し、量産を開始したと発表した。

従来のDR(Double Reduce、2回圧延)材は、圧延を2回行うことで加工強化により高強度が得られる反面、伸び限界が低下した。

このため、缶きりを使わずに開けられる蓋EOE(Easy Open End)や3ピース缶胴などを加工する際に、リベット部・フランジ部・ビード部などで割れが発生することがあった。

缶用鋼板「JATT」の特長

同鋼板は、一般的なDR材と同等の高強度を維持しているうえに、従来平均3~5%の延性に対し、最大20%以上を実現し、伸びが低下しないため、従来のDR材で見られた加工する際の不具合が軽減される。

また、伸びに余裕があることから、加工の自由度が上がり、様々な缶デザインを展開できる。

さらに、従来のSR材(1回圧延材)に比べて、同じ板厚でも強度が高いため、座屈やデント変形が軽減され、薄ゲージ化に貢献できると期待される。

なお、新たに量産化される同鋼板は、硬さ・降伏強度・伸びの仕様が異なる6通りのグレードが設定されている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

JFEスチール ニュースリリース

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ