ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

凸版印刷とZMP、NEDOの実証実験に無人物流支援ロボットを提供

省人化・労働力不足などの課題に対処

2019年4月16日、凸版印刷株式会社(以下、凸版印刷)は、株式会社ZMP(以下、ZMP)と共同で進めているCarriRo ADとRFIDを組み合わせた無人物流支援ソリューションを使用し、経済産業省・国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDO)が2018年12月10日~12月21日に実施した「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」実現に向けた実証実験(以下、同実証実験)において、棚卸・検品における省人化の効果を確認したと発表した。

CarriRo ADとは、台車型物流支援ロボットで、ジョイスティックで操作できるドライブモード・ビーコン(発信機)を自動追従するカルガモモード・自律移動の走行機能があり、最大積載荷重が150kg、サイズが幅600mm・奥行910mm・高さ240mmである。

また、RFID(Radio Frequency Identification)とは、品物に名称・値段・製造年月日などの情報を入力した「RFタグ」を貼り付け、読み込み装置「リーダライタ」により電波(電磁波の一種)を用いて電子情報を読み込むシステムだ。

なお、同実証実験は、一般社団法人日本自動認識システム協会より委託されて、2019年2月12日~2月28日に実施された「電子タグを用いたサプライチェーン情報共有システムの実験」の予備検証として実施された。

実証実験の概要

物流センターでは、段ボールを積載したカゴ台車は重量が大きいため、人力でけん引するには負荷が大きいことが課題となっている。

そこで、同実証実験では、120kg以上の段ボールを積載したカゴ台車をCarriRo ADでけん引し、段ボールに貼り付けられた電子タグを無人で読み取る作業を実施した。

この際、電子タグ貼り付け位置のガイドラインを策定するための基礎実験データを取得するとともに、無人で走行するCarriRo ADがゲートを通過する場合の読み取り性能を確認した。

(画像は凸版印刷ニュースルームより)

外部リンク

凸版印刷  ニュースルーム

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ