ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

凸版印刷、楽に絞れるチューブ型パッケージ「チューブなパウチ」を開発

高齢者や子供でも最後まで使い切りやすい構造

2019年4月16日、凸版印刷株式会社、新機能パッケージ、「チューブなパウチ」(以下、同新製品)を開発し、サンプル出荷を開始すると発表した。

ラミネートチューブやレトルトパウチなどのフィルムを使用したパッケージは、調味料など数多くの加工食品に採用されている。

ラミネートチューブの特長としては、弾力性や復元性が高く卓上で自立する形状であるが、内容物が少なくなると絞り出しにくくなるため、高齢者や子供には使いにくい欠点がある。

一方、レトルト食品のパッケージングなどに用いられるパウチは、絞り出しやすい特長がある。

同新製品は、チューブの使いやすさとパウチの絞り出しやすさを取り入れた新機能パッケージで、高齢者や子供でも最後まで使い切りやすい構造となっており、省資源化による環境にも配慮している。

「チューブなパウチ」の概要

同新製品の胴体厚みは、従来のラミネートチューブの約1/10となる0.03mmと薄いうえに、胴体のフィルムを封筒状に折り畳む加工を施して、胴体を握ったときの弾力が軽減したため、従来のラミネートチューブより絞りやすくなっている。

さらに、注出口のプラスチックパーツを水平することで、従来のラミネートチューブより最後まで絞りやすくなっている。

また、胴体フィルムには、同社が開発した透明で高いバリア性能を持つ「GL BARRIER」を用いており、バリア性能を確保しつつ胴部を透明化するとともに、今までチューブ化が難しかった食品や固形物なども対応できる。

(画像は凸版印刷ニュースルームより)

外部リンク

凸版印刷  ニュースルーム

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ