ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

熊本県とNECなど、阿蘇火山博物館で阿蘇ジオパークのVR体験サービスを開始

熊本地震や阿蘇山噴火の影響で落ち込んだ観光などを回復

2019年4月19日、熊本県と公益財団法人 阿蘇火山博物館久木文化財団(以下、阿蘇火山博物館)は、日本電気株式会社(以下、NEC)の協力のもと、阿蘇ジオパークをリアルに体験できるVR体験サービス(以下、同サービス)を、阿蘇火山博物館において開始したと発表した。

同県では、2016年に発生した熊本地震や阿蘇山噴火の影響で観光や教育旅行が落ち込んだが、これらを呼び戻すために、地震や噴火などの自然資源と、これらに関わる歴史・文化・人々の暮らしなどに注目して、新たな体験型観光コンテンツの開発に取り組んでいる。

この一環として、「阿蘇山上火口VR体験サービス」を2019年3月に開始しており、特徴的な阿蘇の自然をリアルに感じながら、地球科学や阿蘇地域学などについて楽しく学べる場を提供している。

阿蘇ジオパークをリアルに体験できるVR体験サービスの概要

同サービスでは、草千里ヶ浜と米塚をリアルに体験できる。草千里ヶ浜は、広くて浅い形が特徴的な、約3万年前に形成された火口跡で、多くの観光客に古くから親しまれてきた。

また、米塚は、阿蘇では最も新しく約3千年前にできた火山で、中岳火口に湛えられた青緑色の美しい湯だまりは、古くから神格化され崇められている。

今後は、「阿蘇の24時間365日」を、いつでも体験できるVRサービスを順次展開するとともに、実際には体験できない「火口内疑似探検」や「火口上空空中散歩」などのコンテンツも提供していくとしている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

日本電気 プレスリリース

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ