ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

ドライバーの安全運転を見守る管理サービスにあおり運転検知・警告機能を搭載

交通事故の原因になるあおり運転

2019年04月19日、オムロン ソーシアルソリューションズ株式会社は、ドライバー安全運転管理サービス「DriveKarte(ドライブカルテ)」(以下、同サービス)に、ドライバーのあおり運転を検知・警告する機能(以下、同機能)を追加したと発表した。

交通事故の原因にもなるあおり運転は、大きな社会問題となっており、あおり運転を受けて被害者となる場合の交通トラブルに備えて、ドライブレコーダーを導入する対策などが進んでいる。

一方で、ドライバー側も、「目的地に早く行きたい」、「自分のペースで走りたい」という欲求のために、あおり運転を行い交通事故を誘発する可能性がある。

このため、社有車を有する企業や、物流・公共交通などの事業者にとっても重大なリスクとなる。

ドライバー安全運転管理サービス「DriveKarte(ドライブカルテ)」の概要

同サービスは、車の危険運転の要因は、ドライバーの運転行動や健康状態にあると考えて、ドライバーの運転状態をセンシングして不注意などの危険時にはドライバーに通知することで事故を未然に防止するとともに、事故の予兆があった場合には、運行管理者にリアルタイムで通知する。

また、同サービスの本体センサーはダッシュボードにおくだけなので、取付も簡単だ。

同機能は、同サービスに内蔵された3軸加速度センサーやGPSなどにより急な加減速や急ハンドルなどを検出し、独自のアルゴリズムであおり運転を判断して、ドライバーに音声で注意喚起すると同時に、運行管理者にリアルタイムで通知する。

このため、運行管理者は、収集した走行データを活用し、ドライバー一人ひとりの運転行動に基づいて安全運転を指導できる。

(画像はニュースリリースより)

外部リンク

オムロン ニュースリリース

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ