ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

JAL、羽田空港においてアバターロボットを活用するトライアルを実施

乗客へのサービス品質向上と社員の働きやすい環境づくり

2019年04月19日、日本航空株式会社(以下、JAL)は、空港での活用を想定したアバターロボット(以下、愛称「JET(ジェット)」)を開発し、日本空港ビルデング株式会社「Haneda Robotics Lab」の協力のもと、「JET」による乗客案内業務のトライアルを羽田空港で行うと発表した。

なお、「Haneda Robotics Lab」は、さまざまなロボットを試験導入した経験を持ち、ロボット開発者へ空港内での実験機会を提供するとともに、空港を利用する人にロボットを身近に感じてもらいながら問題点を洗い出し、その知見を共有するとしている。

JALは、ロボットを活用して、乗客により高品質なサービスを提供するとともに、社員の働きやすい環境づくりを目指しているとのこと。

「JET」による乗客案内業務トライアルの概要

「JET」は、株式会社インディ・アソシエイツの遠隔操作ロボットをベースにして開発された人型の遠隔操作ロボットで、空港スタッフに代わって、親しみやすい外見とボイスチェンジャーを使った音声で乗客を案内する。

また、操作者は、VR(仮想現実)の技術を使い、ロボットの移動、腕と顔を動かしての感情表現や、ロボットを介した乗客との音声通話を行うことができる。

トライアルの実施場所は、同空港国内線第1旅客ターミナル 2階 JALスマイルサポートカウンター付近で、2019年4月22日(月)~4月24日(水)の10時~11時および14時~15時に実施する予定だ。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

JAL プレスリリース

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ