ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

ソフトバンク、成層圏から通信ネットワークを提供する航空機を開発

通信ネットワークがない場所に、安定したインターネット接続環境を構築

2019年4月25日、ソフトバンク株式会社(以下、ソフトバンク)は、米AeroVironment, Inc.との合弁会社であるHAPSモバイル株式会社(以下、HAPSモバイル)を通して、HAPS(High Altitude Platform Station)事業を展開するとともに、成層圏通信プラットフォーム向け無人航空機「HAWK30(ホーク30)」(以下、同無人航空機)を開発したと発表した。

HAPSとは、航空機などの無人機体を成層圏で飛行させながら通信基地局のように運用して、通信サービスを広域エリアに提供できるシステムで、通信ネットワークが整っていない地域に、安定したインターネット接続環境を構築できる。

また、地上の影響を受けないので、地震や山林火災などの大規模な自然災害が発生した際に、救助や復旧活動へ貢献できるとのこと。

無人航空機「HAWK30(ホーク30)」の概要

同無人航空機は、ソーラーパネルを搭載した翼に10個のプロペラを備えており、雲などよりも高く1年間を通して風が比較的穏やかに吹く成層圏において、太陽光を常時受けながら数カ月の長期間を安定して飛行できる。

また、同無人航空機が提供する通信ネットワークは、地上基地局が提供するものと干渉しない仕組みにし、地上基地局が提供するネットワーク圏のハンドオーバーをスムーズに行う予定だ。

このため、スマートフォンを利用する場合、地上基地局の通信圏内から同無人航空機の通信に移動する際にも、通信の途切れることがないとのこと。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

ソフトバンク プレスリリース

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ