ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

ロボット「COBOTTA」で量産された「バタフライボード2」、数量限定販売を開始

バタフライボード』生産ラインの自動化に成功

『バタフライボード株式会社は、2019年4月18日、人協働ロボット『COBOTTA(コボッタ)』で量産した『バタフライボード2』の数量限定販売を、同社公式サイトにて開始した。

『バタフライボード』は、大きなホワイトボードをノートサイズにまで小型化したコミュニケーションツール。『COBOTTA』は、株式会社デンソーウェーブのロボットであり、『バタフライボード』生産ラインの自動化に成功している。

『バタフライボード』と『COBOTTA』

『バタフライボード』は、特許技術「スナップ・バインディング・テクノロジー」によりホワイトボードの小型化を実現した製品。「かく、消す、貼る、広げる、共有する」という機能を高次元で融合したことで、国内外から高い評価を獲得している。2018年度グッドデザイン賞も獲得した。

今回『バタフライボード2』の量産に活用された『COBOTTA』は、「どこでも、いますぐ、かんたんに」使えることが特徴の人協働ロボット。簡単な組み付け作業や仕分け作業といった労働集約型の作業に適しており、フレキシブルな生産ライン構築を可能にしている。

「いつでも、どこでも、適量生産」できる環境を構築

『バタフライボード』はこれまで、手作業で量産が行われていたという。この量産作業の自動化を、『COBOTTA』は実現。2019年1月の第3回ロボデックスでは、その様も公開している。

『COBOTTA』が量産した『バタフライボード』が実際に市場で販売されるのは、今回が初めてだという。 両社は今後、生産自動化システムの社会実装に向けた検証・改善を行い、『バタフライボード』が「いつでも、どこでも、適量生産」できる環境を構築するとしている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

ロボットアームで量産したバタフライボードを限定販売 – バタフライボード株式会社

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ