ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

凸版印刷、ZETAとAIを活用した錦鯉などの養殖施設向け見守りサービスを開発

養殖に適した環境が山間部などの遠隔地に点在

2019年4月23日、凸版印刷株式会社は、ZETAとAIを活用し錦鯉の養殖状況を可視化できる見守りサービス(以下、同サービス)を開発し、大日養鯉場株式会社の協力のもと、新潟県にある複数の養鯉場で、2019年5月7日から10月31日までの期間、実証実験を実施すると発表した。

少子高齢化に伴い、養殖業界でも熟練労働者の離職や人手不足が顕著となっている。一方で、養殖に適した環境が山間部などの遠隔地に点在しており、養殖状況を管理するうえでの作業負担が課題である。

このような状況に対応して、同社は、養殖場と離れている管理事務所などから、情報を管理・確認できる見守りサービスを開発した。

養殖施設向け見守りサービスの概要

同サービスでは、山間部にある錦鯉の養殖池付近に各種センサーやカメラなどを組み合わせて設置し、水位・酸素量・給餌などの養殖管理に必要なデータを取得するとともに、クラウド又はオンプレミス上に蓄積する。

これらのデータは、管理事務所など別の場所に設置されたPCやスマートフォンなどで確認できる。

なお同サービスでは、マルチホップ(メッシュアクセス)を活かしたZETA中継機により、電波が届きにくい山間部や、遠隔地に点在する池などにおいても、安定的に通信することが可能だ

また、蓄積された水位・酸素量・給餌などのデータから生産プロセスを可視化するとともに、AIを活用してさまざまな育成パターンを学習させることで、養殖の品質や生産量の安定に寄与するとしている。

(画像はニュースリリースより)

外部リンク

凸版印刷 ニュースリリース

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ