ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

西松建設、シールドトンネルのセグメント管理システムを開発

セグメントピースの管理業務を簡素化しトレーサビリティを向上

2019年4月24日、西松建設株式会社は、シールド工事における施工の省人化・効率化を図るために、セグメントピースに印字されている製造番号を文字認識読取技術(OCR)で読取る新たなセグメント管理システム(以下、同管理システム)を開発し、横浜湘南道路トンネル工事に導入したと発表した。

大規模シールド工事では、取扱うセグメントピースの種類が様々で、搬入順序を間違うことなく切羽に供給する必要がある。

このため、従来は、紙や口頭で確認してセグメントピースを管理していたが、時間と労力を要していた。

また最近は、ICタグやQRコードなどのマーカーを用いて、対象とする資材の情報をデジタル化して管理するシステムがあるが、全てのセグメントピースに新たなマーカーを貼り付ける作業が生じるなどの不具合があった。

新たなセグメント管理システムの概要

同管理システムでは、ICタグやQRコードなどのマーカーを貼り付けることなく、各セグメントピースに印字されている製造番号をOCRで読んでデジタル化し、各セグメントピースの仮置き場所や組み立て順序・位置などの情報を紐付ける。

このため、受け入れから組み立てまで連なる施工の各場面において、クラウド上の専用アプリで情報を閲覧・管理することが可能で、誰でもリアルタイムに作業進捗や在庫状況を把握して共有できるようになる。

(画像は西松建設お知らせより)

外部リンク

西松建設 お知らせ

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ