ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

東京大学研究チーム 季節性ウイルスを分離培養する細胞株を開発

研究の背景

2019年4月30日に東京大学医科学研究所の感染・免疫部門ウイルス感染分野に所属する河岡義裕(かわおかよしひろ)教授らは、季節性ウイルスを効率よく分離培養できる培養細胞株の開発に成功したと発表した。

研究成果は、2019年4月29日(米国東部夏時間 午前11時)に、英国科学雑誌「Nature Microbiology」のオンライン速報版にて公開されている。

2019年4月の時点で、季節性インフルエンザウイルスは、A/H1N1pdmと香港型A/H3N2、B型の3種類が存在する。

季節性インフルエンザは、その性状(性質や状態)が頻繁に変わることで知られる。

特に香港型A/H3N2ウイルスは、A/H1N1pdmやB型ウイルスと比べ、抗原性が変化しやすいため流行頻度が高い。時には、大規模な流行を引き起こすことがある。

季節性ウイルス流行株の性状解析には、臨床検体からのウイルス分離が不可欠となるが、一般的にはインフルエンザの分離培養には、イヌの肝臓由来であるMDCK細胞が広く利用されている。

最近のA/H3N2ウイルスは、MDCK細胞ではよく増えないこと。また、MDCK細胞でA/H3N2ウイルスを分離培養すると、季節性ウイルスの主要抗原であるヘマゲルニチン(HA)や、抗インフルエンザ薬の標的タンパク質であるノイラミニダーゼ(NA)に変異が生じる。

結果、インフルエンザ薬に対する感受性を正確に分析ができないことが課題であった。

研究成果と今後

その課題を解決するため、研究グループはMDCK細胞における季節性ウイルスの増殖性を向上させるため、ヒト型レセプター関連遺伝子を発現するヒト化MDCK(hCK)細胞を作出することに成功した。

実験の結果、hCK細胞で分裂した香港型A/H3N2流行株のHAとNA遺伝子には、変異がほぼ認められなかったことが明らかになった。

感染症の発生動向調査(サーベイランス)各機関は、毎冬、流行する季節性ウイルスの抗原性状や抗インフルエンザ薬に対する感受性を把握するため、性状変化監視を毎年膨大なウイルス株を分析しなければならない。

今後、hCK細胞で分離培養した季節性ウイルスを用いることで、インフルエンザ薬に対する感受性を正確に分析することができる。

また、ヒトの間で流行するウイルスの性状変化をより高い精度で監視することで、季節性インフルエンザの拡大阻止や重傷予防にも期待ができる。

現状、国内ワクチン製造会社はMDCK細胞の増殖性の低さが原因で、十分な季節性ワクチンを供給することができていない。

研究グループは、今回開発したhCK細胞を用いてワクチンを製造することで、十分な量を安価に患者に提供することを期待している。

(画像は日本医療研究開発機構プレスリリースより)

外部リンク

変異が入ることなく季節性インフルエンザウイルスを効率よく分離培養できる培養細胞株の開発に成功―細胞培養ワクチンへの応用

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ