ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

NEC、インドからスマートシティ実現に向けたプロジェクトを受注

スマートシティへの取り組みに貢献

2019年5月8日、日本電気株式会社は、同社のインド現地法人であるNEC Technologies India Private Limitedが、同国のグルグラム都市圏開発公社(Gurugram Metropolitan Development Authority)から、スマートシティ実現に向けた交通監視システムや市中監視システムなどの構築プロジェクト(以下、同プロジェクト)を受注したと発表した。

同社は、同国フブリ・ダールワッド市においても、スマートシティプロジェクトを2018年12月に受注しており、同プロジェクトとあわせて地域の安全・安心に貢献していくとのこと。

また、同社は、生体認証や映像解析などを含め、AIやIoT関連の先端技術を活用して、安全・安心で効率・公平な都市の実現を支える「NEC Safer Cities」(以下、同取り組み)を提案している。

同プロジェクトを受注したことで、同取り組みを実現するためのソリューションやサービスの開発が加速・強化されるとしている。

構築プロジェクトの概要

交通監視システムでは、200箇所以上の交差点に設置した合計約1200台の高解像度カメラで撮られた映像をAIで分析する。これより、ナンバープレートや信号違反を検知し、違反者を発見することで、罰金徴収に役立てて、交通秩序の向上に貢献する。

また、市中監視システムでは、同社のリアルタイム顔認証ソフトウェア「NeoFace Watch」を市中カメラの一部に導入して、不審者の検知や特定人物の発見に貢献する。

(画像はNEC公式ホームページより)

外部リンク

NEC プレスリリース

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ