ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

日本全薬工業など3社、IoTで家畜のストレスを管理する実証実験を開始

畜産農家自身が家畜の健康管理できる仕組み

2019年5月9日、日本全薬工業株式会社(以下、日本全薬工業)、凸版印刷株式会社(以下、凸版印刷)、ホシデン株式会社(以下、ホシデン)の3社は、凸版印刷が提供する「ID-Watchy Bio(アイディーウォッチーバイオ)」を活用し、家畜の活動状況と連携したストレスなどの生体情報の取得により健康状態が把握できる「家畜健康管理サービス」(以下、同サービス)の開発に向けて、共同で実証実験を開始すると発表した。

子牛や子豚などの家畜の死亡率は出生数全体の約1割に及ぶが、その原因として、様々なストレスに起因する疾病と考えられている。このため、獣医師の巡回診療とともに、畜産農家自身により家畜の健康管理を常時行える仕組みが求められている。

この一方で、少子高齢化に伴い人手不足が進展するなか、畜産農家においては、できるだけ人手をかけず家畜の健康・安全を管理する手法が期待されている。

このような状況において、3社は、体調急変や死亡に繋がるストレスを起因とした変化を検知して家畜の健康・安全管理を行うために、PCやスマートフォンなどから遠隔地で家畜の状態を常時管理できる仕組みの実証実験を行う。

実証実験の概要

同サービスは、凸版印刷が提供する「ID-Watchy Bio」を活用したものだ。

「ID-Watchy Bio」は、監視カメラと生体センサーおよびBluetoothを組み合わせたBLEセンサーを一体化し、監視対象にBLEタグを携帯・付帯するだけで、人・モノがBLEセンサーに近づくと検知され、作業員の健康状態も把握できる。

今回の実証実験では、生体センサー「MEDiTAG(メディタグ)」の装着器を家畜専用に改良した。同センサーを家畜の足や首へ装着することで家畜のストレスなどの生体情報を常時取得するとともにリアルタイムで映像と連動させる。

実証実験は、北海道野付郡の牧場・トータルハードカーフサービスで行われ、子牛の生体情報(パルス・転倒検知・ストレスレベル・歩数検知)を取得して、健康状態の常時管理を検証する。

また、飼育場所にネットワークカメラを1台設置して活動状況の映像を記録し、リアルタイムで生体情報と合わせた活動状況を把握できることを検証する。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

日本全薬工業 ニュースリリース

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ