ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

GMOクラウド メーター計測のhakaru.aiに新機能追加

hakaru.aiとは?

GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社は、2019年5月8日(水)にメーターをスマートフォンで撮影するだけで、画像解析AI(人工知能)が数値を集計・台帳の記録をしてくれる「hakaru.ai」に4つの機能を追加した。

hakaru.aiは、2019年1月に提供を開始したサービスだ。

工場の製造現場やビル管理の際、手作業で行われていた記録や点検業務をスマートフォンのカメラ機能を使用し、読み取りと記帳を自動化する画期的なサービスになる。

画像認識のAIは、人間の行動である「調べる」、「計算する」、「予測する」、「判断する」をソフトウエアを用いて実現する。

コンピュータが得意とする大量データのパターン認識を、人間と同じように経験していくことで、学習していく。更に経験を元に成長も可能だ。

hakaru.aiの新機能

hakaru.aiの新機能は、ユーザーからの声に加え、競合他社にはない独自の機能が盛り込まれている。

1つ目は、iOS版のスマホアプリを提供開始だ。以前までは、Android版のみであったが、iOS版を提供することでより多くデバイスで「hakaru.ai」を利用することができる。iOSの対応は、iOS 12以上、Androidは7.0以上となる。

2つ目は、音声読み上げ機能で、作業者が手袋をしているときに、直接スマートフォンをさわることができない場面でも、音声読み上げ機能を使用し実際のメーターの数値と照合することができる。

3つ目は、オフライン点検機能だ。電波環境が悪い作業環境においても、オフラインでカメラを起動しメーターを撮影することができるように改良された。電波の良い状態で、撮影した写真を送信することでhakaru.aiと同期が可能だ。

4つ目は、メーター読み取り機能に「アナログパネルメーター(電流計)」、「水道メーター」を試験(β版)対応した。

従来は、アナログメーター・デジタルメーター・回転式メーターに対応していた。今回、メーターで読み取れる種類を増やしたのに加えAI機能とともに並列使用することで、他社との差別化を図る。

申し込みをした月は、お試し期間として無料で利用が可能になる。翌月からは、スタンダードプランとして、システム利用料3万円/月と、読み取るメーター1台につき300円/月で点検・データ保存ができる(全て税抜き)。

(画像はGMOクラウドのホームページより)

外部リンク

AIでメーター点検業務をラクにする スマホで撮るだけ「hakaru.ai byGMO」がバージョンアップ

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ