ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

ソフトバンク、「LPガススマートメーター向け通信ボード」を提供開始

検針データや保安業務に必要な情報を、毎日自動で収集

2019年5月10日、ソフトバンク株式会社は、IoT機器向け無線通信規格Cat. M1(カテゴリーエムワン、以下、同規格)を採用した「LPガススマートメーター向け通信ボード」(以下、同通信ボード)を、LPガスのメーターメーカー向けに提供開始したと発表した。

同通信ボードをLPガススマートメーターに搭載することで、検針データや保安業務に必要なさまざまな情報を、自動で毎日収集できるようになる。

このため、ガス容器の残量をリアルタイムに確認でき、ガス供給が途切れるリスクを低減できるうえに、ガス容器配送の効率向上が図られる。

さらに、検針・保守業務が効率化されるため、少子高齢化に伴う人材不足にも対応できる。

LPガススマートメーター向け通信ボードの特長

同通信ボードは、IoT機器向け無線通信規格Cat. M1によるWAN(Wide Area Network)通信と、UバスエアによるFAN(Field Area Network)通信の、2種類に対応している。

このため、既存のLTEのネットワークをそのまま全国で利用できるうえに、マンションのパイプシャフト内や地下など、WAN通信の圏外になってしまうエリアの補完が可能だ。

また、ソフトウエアの機能拡張や機能修正があった場合、遠隔でファイルを書き換えることができるため、保守作業が軽減される。

さらに、電池の消耗を抑える低消費電力技術に対応しているため、約10年間の稼働が可能だ。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

ソフトバンク プレスリリース


ソフトバンク プレスリリース
https://www.softbank.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ