ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

コクヨ、企業間取引支援クラウドサービスで宛先情報管理機能を強化

帳票関連業務を配信の面からサポートする業務効率化ソリューション

2019年5月10日、コクヨ株式会社は、同社が2004年より提供する企業間取引支援クラウドサービス「@Tovas(アットトバス)」(以下、同クラウドサービス)から、宛先情報管理機能を強化できる、「@Tovas Master +」(以下、同新サービス)の提供を開始すると発表した。

同クラウドサービスは、注文書・請求書・支払通知書などの帳票データを配信するクラウドサービスで、利用中のシステムと柔軟に連携して、経理や購買部門の帳票関連業務をサポートする業務効率化ソリューションだ。

同社が2019年に実施した「請求書等、経理系帳票発信業務に関する実態調査」によると、「全て電子的な手段で受け取っている」または「一部でも電子的な手段で受け取っている」と答えた企業が8割に上り、帳票業務を電子化して効率化を進める動きは加速していくとのこと。

「@Tovas Master +」の特長

同新サービスでは、「取引先招待機能」(以下、同機能)を用いることで、これまで顧客会社の基幹システムを改修して保管する必要があった取引先情報を、クラウド上で管理できるため、導入時に発生する手間や費用を削減できる。

また、同機能では、取引先側からも情報を入力できるため、新規宛先情報の取得や更新がスムーズになり、サービス運用時の負担も軽減される。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

コクヨ プレスリリース

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ