ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

ヤマハ発動機、AIコンピューティング企業と資本業務提携

2019.05.15

知能化技術(AI)が今後の制御技術の核

2019年5月10日、ヤマハ発動機株式会社(以下、ヤマハ発動機)は、AIコンピューティング分野に強みを持つ株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(以下、DMP社)との業務資本提携(以下、同提携)に関する契約を締結し、DMP社が発行する第三者割当による新株式引き受けを決定したと発表した。

ヤマハ発動機は、知能化技術(AI)が今後の制御技術の核と捉えており、同社製品の自動化・自律化に向けた知能化技術(AI)開発力を強化するために、同提携を行った。

また、DMP社は、独自開発した組み込み用2D/3Dグラフィックス技術のライセンスや、これらのIPを搭載したグラフィックスLSI開発および販売事業を展開する研究開発型のファブレス半導体ベンダーだ。

業務提携の概要

同提携により、AI技術を応用したアルゴリズム開発から製品搭載に至る最終製品化プロセスにおける協業や、「低速度領域における自動・自律運転システム」「ロボティクス技術を活用した農業領域等における省力化・自動化システム」「モビリティ製品全般に向けての先進安全運転支援システム」などの開発を行う。

また、ヤマハ発動機はDMP社の筆頭株主となる予定で、DMP社に取締役を派遣する。

(画像はヤマハ発動機公式ホームページより)

外部リンク

ヤマハ発動機 ニュースリリース

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ