ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

日立国際電気、マレーシア空港で滑走路面異物検知システムの実証試験運用を開始

航空機の「安全・安心」を維持

2019年5月10日、株式会社日立国際電気(以下、日立国際電気)は、MALAYSIA AIRPORT SEPANG(以下、同空港)およびUNIVERSITI TEKNOLOGI MALAYSIA(マレーシア工科大学)と共同で、滑走路面異物検知リニアセルレーダーの実証試験システム(以下、同システム)を、4月29日に運用開始したと発表した。

航空機の需要が大きく伸びることが予想される一方で、「安全・安心」を維持するため、航空機が離着陸する際に滑走路面に落下させた小さな金属片などの異物を検知するシステムへの期待が高まっている。

このような状況のなか、日立国際電気は、総務省の「リニアセルレーダーシステム(滑走路面異物検知システム)の海外展開を通じた周波数の国際協調利用促進に関する調査の請負」を受託し、その一環として同システムの運用を開始した。

リニアセルレーダーシステムの概要

同システムは、滑走路に配置した90GHz帯ミリ波レーダーの電波により滑走路全体を走査し、検知された異物の位置情報により、即座に超高感度カメラで画像を撮影し、管制塔に伝送する。500m離れた滑走路上にある3cm程度の金属片を検知してから画像を伝送するまでを10秒程度とのこと。

なお、日立国際電気は、同システムを構築するとともに、世界各国の空港運用機関への広報活動と実用化を推進する。

また、同空港は、システムを設置するフィールドを提供し、システム導入の各種許認可申請を行うともに、実用システムとしての性能評価に協力し、将来の導入可能性・経済効果について検討していくとしている。

一方、マレーシア工科大学は、プロジェクトマーネジメントを実施し、関係当局から実証実験に必要な許認可を取得する外、研修生を日立国際電気に派遣して実務経験を積ませる。

(画像はニュースリリースより)

外部リンク

日立国際電気 ニュースリリース

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ