ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

大成建設など3社、ウェルネスサポートシステムの開発に着手

健康促進と生産性向上を支援

2019年5月15日、大成建設株式会社(以下、大成建設)は、株式会社カネカおよび株式会社コルラボと共同で、ウェルネスサポートシステム(以下、同システム)の開発に着手したと発表した。

働き方改革に伴い、働く人の健康促進と生産性向上が重要な要素となっている。しかしながら、個々の人の健康や体調変化などをリアルタイムに把握・管理することは困難であるため、快適で効果的な環境の整備や改善を促進するうえで課題となっていた。

このようななか、大成建設は、オフィスで働く人のバイタルデータ(心拍などの生体情報)をリアルタイムで計測・分析し、適正な身体状態に導くことで、健康促進と生産性向上を支援する同システムを開発することになった。

ウェルネスサポートシステムの概要

同システムでは、バイタルセンサーを用いて、特別な操作を行うことなくリアルタイムに生体情報を計測するため、ストレスフリーで計測でき、計測結果から、疲れすぎ・緊張しすぎなどの身体状態を把握、分析することが可能となる。

また、身体状態の分析結果を端末画面に表示するとともに、空調・照明などの室内環境を制御し、集中やリラックスを促す多様なワークスペースの選択、運動・休憩などの行動を誘導する。

さらに、身体状態や室内環境制御などの各種データを個々のセルフチェックや職場全体の健康環境の傾向把握に役立てるとともに、オフィスの設計ノウハウにフィードバックすることで、より効果的な健康促進と生産性向上のための環境整備や改善が図られる。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

大成建設 ニュースリリース

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ