ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

オプテージと茨木市、「庁内職員向けAIチャットボット」の実証実験

イノベーションに取り組む茨木市

2019年5月13日、株式会社オプテージと茨木市は、AIの利活用に関する「庁内職員向けAIチャットボット」(以下、同チャットボット)の実証実験を開始すると発表した。

同市は、2017年度に「次なる茨木のためのICTビジョン」を策定し、イノベーションに取り組むとともに、市民サービスの質的向上、業務の生産性向上および働き方改革を支援するAIやRPA等のICT活用の検討を進めている。

一方、同社は、自治体や企業向けにICTプロセス全般にわたっての支援を行っているなか、AIやビッグデータ等の新技術を活用したソリューションの開発を進めている。

このような状況において、両者は、AI利活用に関する実証実験を共同で実施することとなった。

「庁内職員向けAIチャットボット」実証実験の概要

同市市役所の部署は多く、担当する業務も多岐にわたるため、市民のみならず職員でも、相談や確認をしたい内容がどの部署の管轄かわかりづらい場合がある。

このような状況に対処するため、同実証実験では、職員向けにAIチャットボットを導入して、適切な担当部署へのスムーズな案内を支援することで、市民の待ち時間削減や誤った部署への案内防止を図るとしている。

なお、同チャットボットのプラットフォームには、ディープラーニング型で、少ない学習データでも言葉のゆらぎを吸収し質問内容から適切な回答を推論する、株式会社エーアイスクエアの「QuickQA」を採用する。

また、同実証実験は、2019年5月13日~6月28日の期間に実施し、2019年7月~9月の期間には、実証実験結果の評価や今後の展開検討を支援する。

(画像はオプテージ公式ホームページより)

外部リンク

オプテージ プレスリリース

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ