ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

ソニー、フルカラーでの描画と消去を繰り返し行えるフィルムを開発

デザインや色を後から変更することも可能

2019年5月17日、フルカラーでの描画と消去が繰り返し行えるフィルム(以下、同フィルム)と、それを高速で実現するレーザー照射技術(以下、同レーザー照射技術)を新たに開発したと発表した。

これらを用いて、様々な好みに合わせてデザインやカラーを表現できるうえに、繰り返し描画できるため、ユーザーの興味や嗜好が変化した場合でも、後からデザインや色を変更できる。

今回開発したフィルムとレーザー照射技術の概要

同フィルムは、レーザー光を熱に変換する光熱変換剤、シアン・マゼンダ・イエローのロイコ染料、および熱によって発色状態を変化できる材料等を配合・積層して実現した。

同フィルムは、熱で発色状態を変化させて描画するため、細やかな濃淡で表現でき、写真画質レベルの鮮やかな色彩表現が可能となる。

さらに、非接触のレーザー光を用いるため、従来の印刷技術では困難であった透明なガラスやプラスチック越しでも描画でき、ガラス等の素材本来がもつ高品位な表面質感を保ったまま表現できる。

なお、これらの成果は、2019年5月12日(日)から米国カリフォルニア州サンノゼで開催されているディスプレイ関連学会 SID(Society for Information Display)のDisplay Week 2019において、Distinguished Paperに選出された。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

ソニー ニュースリリース

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ