ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

大日本印刷、低い反射率と優れた耐擦傷性を両立した反射防止フィルムを開発

タッチパネルとしての利用が増えて反射率と耐擦傷性に課題

2019年5月16日、大日本印刷株式会社は、低い反射率と優れた耐擦傷性を両立した反射防止フィルム(以下、同製品)を開発したと発表した。

反射防止(LR:Low Reflection)フィルムは、ディスプレーへの照明や外光の映り込みや眩しさを抑えて画面を見やすくさせるために、ディスプレーの最表面に用いられる光学フィルムだ。

しかしながら、タッチパネルとして利用されるディスプレーは、擦り切れて傷が付くこともあり、その改善策が求められていた。

新たに開発した反射防止(LR)フィルムの概要

同社は、フィルムにコーティングする材料を新たに開発するとともに、従来の反射防止フィルムと比べて、より低い反射率と優れた耐擦傷性を両立させた同製品を開発した。

この結果、耐擦傷性と反射率が、従来品より約7倍の性能改善を達成したとしている。

また、同製品は、防汚性と埃付着防止性が高いため、指紋などの汚れが付きにくく、拭き取りやすいうえに、アルカリ性の液体などへの耐性も高い特長がある。

さらに、フィルムから光が自然な色で反射するため色の違和感が少なく、視野角も広いため横からの視認性にも優れている。

(画像はニュースリリースより)

外部リンク

大日本印刷 ニュースリリース

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ