ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

凸版印刷 統一QR「JPQR」普及事業を請負

JPQRとは

2019年5月20日(月)に、凸版印刷株式会社は、自社のホームページで総務省が推進する「統一QR「JPQR」普及事業」の請負業者として採択されたと発表した。

「統一QR「JPQR」普及事業」のJPQRとは、統一QRコード・バーコードを意味する。

モバイル決済モデル推進事業の普及事業を通して、社会に向け周知・広報を図りながら統一QRコード・バーコードの普及や利用促進を総務省中心として取り組む事業だ。

統一QR「JPQR」普及事業の背景と目的

日本政府は、2018年6月15日の「未来投資戦略2018」の閣議決定において、キャッシュレス化の推進を掲げた。

キャッシュレス化は販売店による現金処理コストの削減や生産性の向上、消費者の現金支払いによる利便性を向上につながる。

現在、モバイル端末を使用しQRコードやバーコードを読み取るコード決済が各社において普及が進んでいる。

しかし、各社ごとにコード、バーコードの仕様が異なる決済サービスが混在しており、導入に伴う負担が大きいのが現状だ。

「統一QR「JPQR」普及事業」は、このような課題を解決するために、大規模・小規模の店舗も含めた広範囲な普及を図る。

統一QRコード・バーコード(JPQR)を導入し、岩手県、長野県、和歌山県、福岡県全域でキャッシュレス化進展に向けた効果検証を行う計画だ。

そうした中で、請負業者の凸版印刷は、プロジェクト全体の統括を行い、統一QRコード・バーコード(JPQR)の管理や、発行、広報を進めていく。

また、コンサルティング事業者の有限責任監査法人トーマツとともに、各地域において加盟店開拓、プロセス等の検証、そして低価格の手数料率でのサービス提供する。

キャッシュレス化進展に向けた効果検証を推進していく。

(画像は凸版印刷 ニュースより)

外部リンク

凸版印刷、統一QR普及事業に参画


凸版印刷、統一QR普及事業に参画
https://www.toppan.co.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ