ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

NECなど、自動運転の適応ネットワーク制御技術に関するフィールド実験を実施

リアルタイムな通信を活用する自動運転サービス

2019年5月23日、日本電気株式会社は、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)と連携し、「適応ネットワーク制御技術」(以下、同制御技術)を活用して、自動運転におけるリアルタイムな周辺情報を共有するためのフィールド実験(以下、同実験)を2019年3月に実施したと発表した。

自動車の自動運転や、工場・倉庫における搬送車の自動運行などの実現が期待されているが、これらのサービスでは、モバイルネットワークを活用して、位置情報やカメラ画像などをリアルタイムに共有し、衝突を回避などの制御を行う必要がある。

しかしながら、既存のモバイルネットワークでは、各無線基地局に接続する端末の数が増えるほど通信遅延が増加し、通信遅延に影響のある無線品質は端末ごとに刻々と変動するなどの問題があった。

フィールド実験の概要

同実験では、通信モジュールを車両に搭載して位置情報を定期的に送信するとともに、適応ネットワーク制御技術を搭載したMECサーバでは、受信した各車両の位置情報を収集・分析し、危険度を判断して、接近車両へ注意喚起情報を送信する。

さらに、MECサーバは、危険度の高いエリアに無線リソースを優先的に割り当てるための制御情報を基地局へ送信し、基地局では車両の位置に応じて無線リソースを動的に割り当てる。

同実験は、横須賀リサーチパーク内で実施され、多数の車両が基地局と接続して通信する混雑した状況でも、車両同士での遅延時間が100ミリ秒以内となるリアルタイムな注意喚起情報の共有を実現した。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

NEC プレスリリース

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ