ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

大日本印刷と京都電子工業、「DNP電子ペーパー 熱中症注意喚起ボード」を開発

日中・屋外で視認性が低く、電源が確保しにくいLEDタイプの大型表示器

2019年5月21日、大日本印刷株式会社(以下、DNP)は、京都電子工業株式会社(京都電子工業)と共同で、熱中症予防対策のモニタリングシステム「DNP電子ペーパー 熱中症注意喚起ボード」(以下、同モニタリングシステム)を開発したと発表した。

地球温暖化による気温上昇などによって、熱中症が増加しているなか、熱中症への注意を喚起する情報を表示するLEDタイプの大型表示器が販売されている。

しかしながら、このような表示器では、日中・屋外での視認性が低く、電源が確保しにくいなどの問題があった。

このような課題に対応して、DNPは、軽量で消費電力が少なく、乾電池での駆動が可能で、日中・屋外での視認性が高い「DNP電子ペーパー(E-ink方式)」(以下、同電子ペーパー)を開発した。

また、京都電子工業は、分析計の専門メーカーで、JIS規格適合品や公益財団法人日本スポーツ協会が推奨する、スポーツ用や産業衛生用の熱中症指標計を2017年から提供している。

「DNP電子ペーパー 熱中症注意喚起ボード」の概要

同モニタリングシステムは、両社の強みを活かして開発したシステムで、熱中症指標計と連動してWBGT値を同電子ペーパーに表示する。また、電池で駆動するため、設置場所に制限がない。

なお、WBGT(Wet Bulb Globe Temperature、湿球黒球温度)値とは、人体の熱バランスへの影響が大きい気温・湿度・輻射熱の3つを考慮した「暑さ指数」だ。

さらに、オプション機能により、熱中症指標計をIoT無線ユニットと接続することで、WBGT値がクラウドサーバーに保存されるため、アプリ経由でスマートフォンやタブレットなど、さまざまな端末で簡単に閲覧できる。

(画像はニュースリリースより)

外部リンク

大日本印刷 ニュースリリース

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ