ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

薄型・軽量で大電力伝送も可能な電気自動車向けワイヤレス充電用コイルを開発

充電作業が簡便なワイヤレス充電

2019年5月22日、大日本印刷株式会社は、薄型・軽量で、大電力伝送にも対応可能な電気自動車(EV)向けワイヤレス充電用のシート型コイル(以下、同コイル)を開発したと発表した。

非接触でEVに充電するワイヤレス充電は、ケーブルを接続する必要がないため、充電作業が簡便になり、自動運転へも適用しやすいことから、早期の普及が期待されている。

シート型コイルの特長

リッツ線を用いた一般的なコイルは、フェライトを含めたコイルの厚さが約12mm、重量約4kgであるが、同コイルは、コイルシートとフェライトシートで構成され、同仕様の厚さが最大で約3mm、重量が約1kgと、大幅に軽量・薄型化されている。

また、充電時に人体やペースメーカーなどの機器へ影響するのを避けるため、コイルパターンを最適化し、高精細フォトリソグラフィ技術を応用して、漏洩磁界を低減した構造となっており、大電力伝送が可能で、送電側と受電側の両方に対応している。

今後は、同コイルを国内外の自動車メーカーや駐車場などのインフラ業界を中心に提供し、2025年には、年間50億円の売上を目指すとしている。

さらに、EV向けワイヤレス充電用に留まらず、走行中充電やドローン向けなど、他用途にも展開していくとのこと。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

大日本印刷 ニュースリリース

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ