ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

WCPとソフトバンクなど、5Gを活用したスマートオフィスの実証試験を実施

端末の多数同時接続通信を可能とする第5世代移動通信システム

2019年5月23日、Wireless City Planning株式会社(以下、WCP)とソフトバンク株式会社(以下、ソフトバンク)は、東広島市、シャープ株式会社、株式会社イトーキ、および国立研究開発法人情報通信研究機構と協力して、東広島市役所において、第5世代移動通信システム(以下、5G)を活用したスマートオフィスの実現に向けた実証試験(以下、同実証実験)を実施したと発表した。

同実証実験は、総務省の「平成30年度 高密度に展開された端末の多数同時接続通信を可能とする第5世代移動通信システムの技術的条件等に関する調査検討」に選定されたことで実施したものだ。

「5Gヘテロジニアスネットワーク」によるスマートオフィス実証試験の概要

同実証実験では、同市市役所の屋内で働く人の体調や職場環境状態を把握するために、心拍・脈拍などの体調情報を計測する圧力センサーを搭載したスマートチェアや、温度・湿度などの職場環境情報を計測する環境センサーを執務室に多数設置した。

さらに、無線LANなどのさまざまな通信技術を活用して「5Gヘテロジニアスネットワーク」を構築し、執務室に設置するIoT端末から、各データを収集した。

また、脈波検出技術を用いたストレスセンサーによるストレス測定や、8Kディスプレーを使用した会議システムを用いた試験なども実施した。

このように、センサーを高密度に設置した環境において、5Gを活用して、さまざまな情報のデータをリアルタイムに収集し、体調や職場環境の状態、ストレスの変化など客観的に測定できることを確認したとのこと。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

WCP プレスリリース

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ