ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

NTN、回転摩擦を62%低減する「低フリクションハブベアリングIII」を開発

自動車の燃費向上やCO2排出規制の強化が進展

2019年5月22日、NTN株式会社は、回転摩擦を従来品比で62%低減した「低フリクションハブベアリングIII」(以下、同ハブベアリング)を開発したと発表した。

近年は、自動車の燃費向上やCO2排出規制の強化が進むに伴い、燃費や電費の効率をさらに高めるため、タイヤの回転を支えるハブベアリングには、回転フリクション(摩擦)のさらなる低減が求められている。

このようななか、同社は、ハブベアリングの軽量化、長寿命化や高効率化などに関する研究・開発を重ねて、小型・軽量化による低燃費化や組付性の向上に貢献しており、現在ではハブベアリングで世界シェアトップを誇っているとのこと。

「低フリクションハブベアリングIII」の概要

同ハブベアリングは、前モデル「低フリクションハブベアリングII」で採用したグリースを配合成分から見直して、さらなる低フリクション化を実現するとともに、寿命や耐フレッティング性についても向上させた。

なお、フレッティングとは、車両走行時の微振動によって摩耗が発生する現象だ。

また、ハブベアリング内部の予圧を最適化し、軸受の性能を維持したまま、軸受自体の回転摩擦を低減した。

この結果、回転摩擦を従来品比62%低減し、車両燃費を約0.53%改善できたとのこと。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

NTN ニュースリリース

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ