ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

カテゴリー:バイオテクノロジー

唾液中の2種類のストレスマーカーを簡便に測定する方法の開発に成功

2020.02.17

唾液中の2種類のストレスマーカーを簡便に測定する方法の開発に成功 はコメントを受け付けていません。

疲労やストレスなどの体調を反映するバイオマーカーの検出に高まるニーズ2020年2月12日、NECソリューションイノベータ株式会社は、ストレスにより増減する唾液中のアミラーゼおよび免疫グロブリンAを、蛍光偏光法により簡便に測定する方法(以下、…

詳細を見る

理化学研究所などが、ディーゼル燃料用の触媒を開発

2020.02.05

理化学研究所などが、ディーゼル燃料用の触媒を開発 はコメントを受け付けていません。

第二世代バイオディーゼル燃料向け2020年1月28日、理化学研究所、自然科学研究機構分子科学研究所、中部大学、東京工業大学、九州大学は共同で、バイオディーゼル燃料用の触媒を開発した。この触媒は、第二世代とよばれるエネルギー効率の良い燃料の製…

詳細を見る

ユーグレナ、バイオ燃料製造実証プラント導入技術が国際規格ASTMの新規格を取得

2020.02.04

ユーグレナ、バイオ燃料製造実証プラント導入技術が国際規格ASTMの新規格を取得 はコメントを受け付けていません。

民間航空機に搭載可能な燃料と認定2020年1月31日、株式会社ユーグレナ(以下、ユーグレナ)は、バイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラント(以下、同実証プラント)に導入しているバイオ燃料アイソコンバージョンプロセス技術(以下、同プロセス…

詳細を見る

東北大学が、睡眠中の記憶固定メカニズムを解明

2020.02.04

東北大学が、睡眠中の記憶固定メカニズムを解明 はコメントを受け付けていません。

マウスの睡眠において、世界で初めてP波を確認2020年1月24日、東北大学の研究グループは、マウスの睡眠時におけるP波の存在を世界で初めて発見したと発表した。P波は睡眠中に脳波として観測されるものであるが、夢を見ている時間といわれるレム睡眠…

詳細を見る

微生物によるバイオ原料の生産性向上に成功

2020.01.27

微生物によるバイオ原料の生産性向上に成功 はコメントを受け付けていません。

糖の使い分けを微生物に行わせる2020年1月15日、神戸大学大学院工学研究科、理化学研究所環境資源科学研究センターの共同研究グループは、バイオ生産に関して生産性を向上することに成功したと発表した。微生物を利用した生産では、通常、原料が微生物…

詳細を見る

GSアライアンス株式会社が 100%天然バイオマス(石油使用量0)の 生分解性セルロース系樹脂を開発

2019.11.25

GSアライアンス株式会社が 100%天然バイオマス(石油使用量0)の 生分解性セルロース系樹脂を開発 はコメントを受け付けていません。

竹、木、植物、廃木材を複合化させた100%天然バイオマス生分解性樹脂(石油0)人口爆発が原因の1つともなっている地球温暖化、極端な気候変動、資源枯渇などの環境問題や、海洋のマイクロプラスチック問題を含む世界的なプラス…

詳細を見る

GSアライアンス株式会社の植物、木、廃木材、紙、古紙などの リサイクル材料を複合化させた 100%天然バイオマスの生分解性樹脂(石油0)が グリーンプラ、バイオマスプラ認証を取得

2019.11.22

GSアライアンス株式会社の植物、木、廃木材、紙、古紙などの リサイクル材料を複合化させた 100%天然バイオマスの生分解性樹脂(石油0)が グリーンプラ、バイオマスプラ認証を取得 はコメントを受け付けていません。

竹、木、植物、廃木材を複合化させた100%天然バイオマス生分解性樹脂(石油0)地球温暖化、資源枯渇などの問題や、海洋のマイクロプラスチック問題を含む世界的なプラスチックゴミ問題による地球環境破壊は深刻化しており、生態…

詳細を見る

理化学研究所が、植物再生の仕組みを明らかに

2019.11.13

理化学研究所が、植物再生の仕組みを明らかに はコメントを受け付けていません。

植物はキズを付けても再生する2019年11月4日、理化学研究所のメンバーで構成される国際共同チームは、植物がキズなどのダメージを受けた際に再生する仕組みを解明したことを発表した。動物がキズなどを負った場合には、自然に治ることが知られているが…

詳細を見る

東京農工大学が、さなぎと活性酸素の関係性を発見

2019.11.05

東京農工大学が、さなぎと活性酸素の関係性を発見 はコメントを受け付けていません。

活性酸素を利用してさなぎに成長する2019年10月28日国立大学法人東京農工大学大学院は、カイコを用いた実験で、さなぎになる前に活性酸素の量が増加することを発見した。イモムシである幼虫から、成虫になる際に体の一部を溶かして作り替えることが知…

詳細を見る

理化学研究所、細胞分化時の染色体の構造変化がTAD単位で行われることを発見

2019.08.23

理化学研究所、細胞分化時の染色体の構造変化がTAD単位で行われることを発見 はコメントを受け付けていません。

リリース内容理化学研究所生命機能科学研究センター発生エピジェネティクス研究チームは、哺乳類細胞内の染色体構造について、TAD(※)単位で核内配置が変化することを発見した。今まで知られていなかったが、構造が変化した細胞内の染色体配列を調べるこ…

詳細を見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ