ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

カテゴリー:環境

旭タンカーら ゼロエミッションEV船開発の新会社設立

2019.08.14

旭タンカーら ゼロエミッションEV船開発の新会社設立 はコメントを受け付けていません。

新会社「株式会社e5ラボ」設立に共同出資2019年8月6日、旭タンカー株式会社、株式会社エクセノヤマミズ、株式会社商船三井、三菱商事株式会社らは合同で、共同で出資する新会社「株式会社e5(イーファイブ)ラボ」の設立を発表した。同新会社は、国…

詳細を見る

むぎ茶殻リサイクルの緩衝材を開発

2019.08.13

むぎ茶殻リサイクルの緩衝材を開発 はコメントを受け付けていません。

軽量・高強度、プラスチック製緩衝材の代替に株式会社伊藤園が、むぎ茶殻リサイクル製品第1号となる軽量・高強度の緩衝材「むぎ茶殻配合緩衝材」を開発した。同社は、むぎ茶飲料の製造時に排出する「むぎ茶殻」を、水を含んだまま常温保存し輸送・工業製品に…

詳細を見る

BRIDGESTONE 他機関合同によるEV走行中のワイヤレス給電技術 実用化で合意

2019.08.09

BRIDGESTONE 他機関合同によるEV走行中のワイヤレス給電技術 実用化で合意 はコメントを受け付けていません。

二酸化炭素排出量の低減に向けてBRIDGESTONE、日本精工、東京大学の3機関は、電気自動車(以下 EV)のインホイールモーターへの走行中ワイヤレス給電のための実用化を目指すことを2019年8月1日(木)に発表した。元々、東京大学が展開す…

詳細を見る

京セラ、太陽光に近いスペクトルを再現できる「LEDハンディライト」を開発

2019.07.29

京セラ、太陽光に近いスペクトルを再現できる「LEDハンディライト」を開発 はコメントを受け付けていません。

地球温暖化防止や環境保護などで、白熱電球の生産が縮小2019年07月24日、京セラ株式会社は、太陽光に近いスペクトルを再現できるハンディタイプのLEDライト「LEDハンディライト(型式名:GHL-42NA)」(以下、同ライト)を開発したと発…

詳細を見る

鹿島、環境DNA技術を用いたホタルの調査手法を開発

2019.07.29

鹿島、環境DNA技術を用いたホタルの調査手法を開発 はコメントを受け付けていません。

幼虫ホタルの生息状況を正確に把握することが重要2019年7月25日、鹿島建設株式会社(以下、鹿島)は、環境DNAを活用して、水中に生息し小型で発見しづらいホタルの幼虫の生息状況を調査する手法(以下、同手法)を開発したと発表した。ホタルは古く…

詳細を見る

ダイハツと関西学院大、「ハニカム型水素安全触媒」を開発

2019.07.26

ダイハツと関西学院大、「ハニカム型水素安全触媒」を開発 はコメントを受け付けていません。

福島第一原子力発電所の廃炉に向けた国家プロジェクトの中で実施2019年7月22日、ダイハツ工業株式会社(以下、ダイハツ)と関西学院大学・理工学部・田中裕久研究室の研究グループは、福島第一原発廃炉のプロセスにおける課題の一つである水素安全の確…

詳細を見る

空港リムジンバスと自動運転タクシーを連携させた都市交通インフラの実証実験

2019.07.25

空港リムジンバスと自動運転タクシーを連携させた都市交通インフラの実証実験 はコメントを受け付けていません。

自動運転技術の実用化を加速させる支援プロジェクト2019年7月22日、東京空港交通株式会社(以下、東京空港交通)、東京シティ・エアターミナル株式会社(以下、T-CAT)、日本交通株式会社(以下、日本交通)、日の丸交通株式会社(以下、日の丸交…

詳細を見る

鹿島、建築現場で施工中に発生するCO2排出量等を見える化する評価システムを開発

2019.07.17

鹿島、建築現場で施工中に発生するCO2排出量等を見える化する評価システムを開発 はコメントを受け付けていません。

現場のCO2排出量算出に必要なデータ収集に課題2019年7月11日、鹿島建設株式会社は、建築現場ごとの施工CO2排出量・建設廃棄物発生量・水使用量を、月単位で集計して見える化する環境データ評価システム「edes(イーデス)」(以下、同システ…

詳細を見る

新技術「環境DNA」で生態系の研究 福岡工業大学

2019.07.13

新技術「環境DNA」で生態系の研究 福岡工業大学 はコメントを受け付けていません。

バケツ1杯の水から生物を調査福岡工業大学の社会環境学部・社会環境学科の乾隆帝(いぬいりゅうてい)准教授の研究室において、2019年度内で「環境DNA」による分析を用い、気候変動が魚類の生息分布に与える影響について研究を行うことが発表された。…

詳細を見る

大日本印刷、環境配慮パッケージでCO2削減2500トンを突破

2019.07.10

大日本印刷、環境配慮パッケージでCO2削減2500トンを突破 はコメントを受け付けていません。

DNP植物由来包材「バイオマテック」の出荷量から算出2019年7月5日、大日本印刷株式会社は、同社が開発したDNP植物由来包材「バイオマテック」(以下、同包材)を使用することで、2018年度のCO2排出量が、石油由来の包材を使用した場合より…

詳細を見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ

RSS J-Goodtech headline RSS