ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

カテゴリー:医療

アルコール依存症治療薬が、がんを抑制することを発見

2020.02.12

アルコール依存症治療薬が、がんを抑制することを発見 はコメントを受け付けていません。

マクロファージを調節する2020年1月30日、東京理科大学、熊本大学、千葉県がんセンター研究所、東京大学創薬機構などの研究グループは、アルコール依存症の治療薬であるジスルフィラムが、がんを抑制する働きがあることを発見した。免疫細胞の動きに関…

詳細を見る

筑波大学が、ヒスタミン受容体の心腎機能改善効果を発見

2020.02.10

筑波大学が、ヒスタミン受容体の心腎機能改善効果を発見 はコメントを受け付けていません。

アゴニストに保護作用がある2020年1月27日、国立大学法人筑波大学生存ダイナミクス研究センターの共同チームは、ヒスタミン受容体アゴニストに心腎不全を改善する働きがあることを発見した。この受容体は、認知機能障害やてんかん発作改善を目的として…

詳細を見る

JSTと東京大学が、がん細胞のみを検出可能な蛍光試料を開発

2020.02.06

JSTと東京大学が、がん細胞のみを検出可能な蛍光試料を開発 はコメントを受け付けていません。

がん摘出手術にて有効性を発揮2020年1月28日、JST(科学技術振興機構)と東京大学は、投与後30分以内に検出が可能な、蛍光試薬を開発したと発表した。これにより、がん治療の標的とされる、葉酸受容体を発現する細胞のみを検出できるわけだが、正…

詳細を見る

ポリシアル酸がやる気の源になることを発見

2020.02.03

ポリシアル酸がやる気の源になることを発見 はコメントを受け付けていません。

脳内分子がやる気を起こす2020年1月23日、九州大学大学院医学研究院、北海道大学、名古屋大学の共同グループは、脳の海馬に存在するポリシアル酸が、やる気に関わっていることを発見したと発表した。このポリシアル酸は、神経活動の制御に関与しており…

詳細を見る

東北大学が、アルツハイマー病に対するタンパク質改善作用を解明

2020.02.03

東北大学が、アルツハイマー病に対するタンパク質改善作用を解明 はコメントを受け付けていません。

Nrf2がアルツハイマー病を改善する2020年1月21日、東北大学が、アルツハイマー病の病態改善に、Nrf2タンパク質が効果があることを解明した。このNrf2タンパク質は、脳内の転写因子DNAに結合することで遺伝子の発現を制御するタンパク質…

詳細を見る

北海道大学が、ウイルス性脳炎の発症メカニズムを解明

2020.02.03

北海道大学が、ウイルス性脳炎の発症メカニズムを解明 はコメントを受け付けていません。

ウエストナイルウイルス感染で、神経細胞が損傷する2020年1月24日、北海道大学は、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)やチェコ科学アカデミーなどと共同でウエストナイルウイルスにかかわる発症メカニズムを解明したと発表した。ウエス…

詳細を見る

東北大学などが、血圧調整ホルモンの構造を解明

2020.01.31

東北大学などが、血圧調整ホルモンの構造を解明 はコメントを受け付けていません。

ATRとの結合することで血圧調整が行われる2020年1月17日、東北大学大学院薬学研究科と京都大学大学院医学研究科は共同で、2型アンジオテンシンII受容体の立体構造を解明した。2型アンジオテンシンII受容体は、ホルモンと受容体が結合してでき…

詳細を見る

理化学研究所が、哺乳類の受精機構を解明

2020.01.28

理化学研究所が、哺乳類の受精機構を解明 はコメントを受け付けていません。

アクロシンが受精には必須2020年1月21日、理化学研究所の国際共同研究チームは、精子の先端に含まれるアクロシンが受精時に必須であることを解明した。アクロシンは、精子の先端に含まれるタンパク質分解酵素であるが、これが卵子の壁である、卵子透明…

詳細を見る

パナソニックなど、軽度認知障害(MCI)の早期発見に関する共同研究を開始

2020.01.27

パナソニックなど、軽度認知障害(MCI)の早期発見に関する共同研究を開始 はコメントを受け付けていません。

日常生活習慣の特徴と認知機能の変化の相関性について分析2020年1月21日、パナソニック株式会社(以下、パナソニック)、ライフソリューションズ社およびパナソニック エイジフリー株式会社(以下、パナソニック エイジフリー)は、国立研究開発法人…

詳細を見る

胃切除手術後の合併症メカニズムを解明

2020.01.27

胃切除手術後の合併症メカニズムを解明 はコメントを受け付けていません。

胃切除で合併症リスクが高まる2020年1月17日、国立がん研究センター、東京工業大学、慶応義塾大学などは共同で、胃を切除するなどの手術治療を行った場合の合併症に罹るメカニズムを解明したと発表した。胃を切除することにより、腸内細菌の状態が健常…

詳細を見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ