ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

日立製作所が、タイヤ生産工場のAIシステムを構築

AI・IoTプラットフォームを活用した生産システム

2019年10月3日、株式会社日立製作所、住友ゴム工業株式会社、PTCジャパン株式会社は、AI・IoTプラットフォームを活用した、タイヤ生産システムの実現に向け協業すると発表した。
このシステムは、拠点とされる一工場内だけでなく、国内や海外にある12の工場とも連携できるようにし、タイヤの生産能力や品質を高めることを可能とする狙いがある。
なお、2025年までに導入することをめざし、構築して行く予定となっている。

稼働状況だけでなく、省エネまでもAIで決定する

まずは、生産ラインやFAシステムのデータを統合し、生産設備の稼働状況をリアルタイムで可視化できるシステムを導入する。
次に、収集したデータをAIで解析し、品質、生産性、設備保全、省エネに影響する要因を抽出。
これにより、工場での不具合やトラブルによる生産の偏りを、他の工場でカバーすることが可能になり、迅速な対策決定につながる。

事前の実証結果を踏まえ導入を決定

住友ゴムはDUNLOP、FALKENのブランドで展開しているタイヤメーカーであるが、2018年後半から、名古屋工場をモデルとしてこのシステムを使いデータ収集と解析を行ってきた。
メリットとして、データが目で見えることやAIによる解析により、解析時間の9割減、生産時仕損の3割減が実現できたため、全世界工場への導入を決めた。
これにより更にタイヤの生産性や、品質が向上することが期待されている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

日立製作所HP
https://www.hitachi.co.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ