ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

リコーのトンネル点検システムが国土交通省NETISに登録

国土交通省NETISに登録

2019年11月12日、株式会社リコーは、国土交通省の新技術情報提供システム(NETIS(New Technology Information System))に、同社の一般車両搭載型トンネル点検システムが登録されたことを発表した。NETISの登録情報は、同省の公共工事等に活用される。
2014年に策定された「道路トンネル定期点検要領」(国土交通省)により、全国のトンネルで定期点検が行われるようになった。日本国内にあるおよそ1万本のトンネルの維持管理が目的だ。日本では現在、トンネルの老朽化が問題となっている。

一般車両搭載型トンネル点検システム

現在行われているトンネル点検作業では、高所作業車等を利用して目視で安全点検を行っていた。この方法では、必ず交通規制が必要となる。一般車両搭載型トンネル点検システムを利用すれば、作業員を危険にさらすことがなくなり、人件費の削減にもつながるとしている。また、交通規制も必要ない。
同システムでは、全覆工面の撮影を、自動車にラインセンサー型計測システムを乗せて走るだけで可能とした。同社独自の被写界深度拡大カメラを活用したシステムとなっている。
ラインセンサー型計測システムは取り外し・持ち運び・載せ替えが可能で、一般車へ搭載することもできる。同システムとあわせて点検調書作成支援用のソフトウェアを活用することで、スケッチ・写真撮影工数を削減することができる。

株式会社リコー

一般車両搭載型トンネル点検システムは、公募型『ロボット実証実験支援事業』(神奈川県)の採択事業である。
株式会社リコーは、2019年8月に社会インフラ向け点検サービス「リコー路面モニタリングサービス」を提供するなど、社会課題の解決のため、社会インフラとメンテナンス事業に継続して取り組む方針だ。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社リコー
https://jp.ricoh.com/release/2019/1112_1/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ