ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

シャープが巻き取り可能な有機ELディスプレイを開発

30V型で4Kを実現

2019年11月8日シャープ株式会社は、日本放送協会(NHK)と共同で、30V型4k対応フレキシブル有機ELディスプレイの開発を行うことを発表した。
フィルム基板を用いることで厚さ約0.5mmを実現し、半径約2cmに収めることを可能とした。
なお、有機ELにおける構成としては世界最大の画面サイズとなり、11月13日からの国際放送機器展にて公開展示される。

独自の有機EL技術を用いている

この有機ELディスプレイには、インジウム、ガリウム、亜鉛、酸素により構成される酸化物半導体、頭文字を取り、通称IGZOが用いられている。
すでに、昨年からはスマートフォン向けに、フレキシブル有機ELディスプレイの量産を開始しており、画面サイズの拡大に伴う問題である、明るさの均一性や動画の鮮明度を向上させている。

重量も軽く、もはや従来のテレビの形ではない

大きさが40インチになり、巻き取りも可能となり、収納スペースも殆ど取らないことから、言われなければもはやテレビとは分からない。
それに重量も約100gと軽量であるため持ち運びが容易であり、現在のテレビからは考えられないほどである。
今後は、さらに大型画面化し、収納可能となることが予想されている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

SHARP HP
https://corporate.jp.sharp/news/191108-a.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ