ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

日立製作所が、医療費削減ソリューションを開発

AIを活用した医薬品や医療機器の費用解析を行う

2019年10月15日株式会社日立製作所は、AIを活用し新規開発される医薬品や医療機器に対する、費用対効果を解析するソリューションの提供を開始する。
このソリューションは、「Hitachi Digital Solutions for Pharma 医療経済評価ソリューション」と名付けられ、市場投入前の開発段階での大幅な効率化を実現するもので、高額な医療費を改善できると期待される。

膨大な臨床データを解析可能に

従来行っていた、専門家による論文や治験、診療情報などの膨大なデータを基にした解析作業をこのソリューションで分析。
日立が独自で開発したAI技術を用いることで、費用対効果の算出に必要なパラメータの抽出などが効率よく行える。
これまで人の手で行っていたが、熟練作業者のみに依存していた製品の戦略的開発も効率よく行えるメリットも存在する。

医療費増加による国の財源確保が懸念される

年々増加する医療費が問題となっているが、国の財源確保も難しくなって来ており、消費税10%の実施など増税でしか賄えない状況が続いている。
このままの状況が進むと、国の医療費増加に歯止めが掛からず国民負担が増加する一方で、医療サービスも満足に受けられないという懸念も。
国の方針で、2019年4月から制度化された「費用対効果評価制度」にも対応したソリューションとなっており、医療費負担の軽減に効果があると期待されている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

日立製作所HP
https://www.hitachi.co.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ