ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

KDDIと大林組、NEC 5Gで掘削・運搬・転圧など一連の道路造成工事を実証

建設工事施工の効率化が急務

2020年2月14日、KDDI株式会社(以下、KDDI)、株式会社大林組(以下、大林組)および日本電気株式会社(以下、NEC)は、一般的な道路造成工事施工において、第5世代移動通信システム(以下、5G)を活用し、3台の建設機械(以下、建機)の遠隔操作と自動運転システムを搭載した振動ローラを連携するとともに、工事に必要な施工管理データをリアルタイムに伝送・解析する実証試験(以下、同実証試験)を実施し、成功したと発表した。
少子高齢化が進展するに伴い、建設業では、現場作業員の高齢化・労働力不足や、技能の継承が喫緊の問題となっている。このようが課題に対処するため、多くの時間と労力を要している施工の省人化・効率化による生産性の向上が求められている。
このようななか、総務省の5G総合実証試験の一環として、同実証試験が実施された。

実証実験の概要

同実証試験では、三重県伊賀市において建設中の川上ダムの一部施工フィールドの提供を受け、2020年2月3日から2020年2月14日の間、一般的な工事現場での施工を見据えて、5Gを活用した各種技術の実験が実施された。
主な内容は、3台の建機の遠隔操作による掘削・運搬・敷き均しの実施、自動運転システム搭載の振動ローラによる転圧作業の施工指示や施工結果の取得、GNSSデータ伝送による施工管理、リアルタイム3Dレーザースキャナによる土砂量や造成結果データの5G伝送などだ。
将来的には、同実証試験で用いた技術により、統合施工管理システムとして、オフィスなどの遠隔施工管理室から複数の工事現場に連続してアクセスし、一人の熟練工が、複数建機や複数現場に同時に対応できることを目指すとしている。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

KDDI株式会社 ニュースリリース
https://news.kddi.com/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ

RSS J-Goodtech headline RSS